6月上旬に行った臨床心理士資格試験対策の座談会の模様の続きをお送りします!

司会: 山崎 有紀子
2014年度に合格の臨床心理士: Aさん
2014年度に合格の臨床心理士: Bさん
2015年3月に修了し、現在研究生で今年受験の: Cさん

Blog-1

勉強会

Cさん: わたしの大学院では対策講座や勉強会がないので、今独学でやっているのですが、合格者の方の場合どうでしたか?

Aさん: わたしの大学院では、先生が少しきて過去問をやるという感じでした。でも、基本的に過去問をやるだけなので、内容より集まることに意味があるかな、と思いました。

山崎: 大学院によっては、丁寧に対策講座をやってるところもありますし、受験対策のサポートがオフィシャルでないところもありますし、バラバラのようですね。

 

勉強時間

Cさん: 勉強時間の確保をどうすればいいですか?例えば平日ではケースの後だと、時間はあっても、疲れてしまっていてなかなか勉強できないです。

Bさん: 私が勉強をはじめたのは8月で、それまではチラチラと過去問とかを見る程度で、参考書を買ったのも8月中旬くらいでした。

山崎: 8月に本格的にはじめてからは1日何時間くらいやりました?

Bさん: 土日はずっと図書館、平日も仕事が5時くらいに終わって、夜中の2時くらいまでやったりしてました。

全員: すごーい!!

山崎: 平日は7,8時間やったりしてたってことですか。

Bさん: 時間もですが、、過去問を3年分やるといったようにその日にやる量を決めてやっていきました。

 

Aさん: 私は事例対策講座が4月くらいからはじまっていたから、やらなきゃなーとは思ってましたが、仕事をしているとやっぱりあまり時間が取れなくて。最初に過去問だけをやろうと「臨床心理士になるために」の3年から18年と19年から22年にまとまっている2冊。そして、それ以降の1年ずつの本を全部買いました。テキストっぽいものは買ったのですが、あんまりやりませんでしたね。ただ、買っていてもあまりやってなくて、8月にヤバイと思って、8月以降から本格的にやりはじめました。

山崎: Aさんは、毎日何時間くらい勉強しました?

Aさん: 8月以降は、仕事終わってから、気分を変えるために学校に行きました。

山崎: 大学院でやってたんですか?

Aさん: はい。学校は夜11時まで開いてるので、夜11時まで毎日やってました。土日も夜8時間くらいまで学校でやってました。

山崎: うちではあまりやらなかったんですか?

Aさん: はい、うちではやりませんでした(笑) 美味しいものを少したべて、気分を変えて、そして大学院でやってました。

山崎: お二人とも、勉強はじめたのは意外と遅いんですね。ただ、平日も夜遅くまで集中してやっていたようで、短期集中で合格したということでしょうか?

Aさん: はじめたのが遅くて、試験まで時間がなかったので集中しないといけなかったです(笑)

(続く)