こんにちは、山崎です。

さて、先週のことになりますが、8月8日(土)に臨床心理士資格試験模試を実施しました。
受験いただいた皆様、ご参加ありがとうございました。

模試

会場受験、自宅受験あわせて13名の方に受験いただきました。
しかも会場受験は欠席者ゼロで全員出席。自宅受験の方も全員提出していただきました。ありがとうございます。

模試の実施に当たっては、タイムスケジュールに修正があったり、会場が少々騒がしかったりとご迷惑をおかけしました。今回のトラブルの教訓は来年度の運営に反映させたいと思います。

受験者の方からは「100問とおして解いたのは今回はじめてだったので、参考になった」という感想をいただきました。

確かに、100問もあると自分で本番と同じシミュレーションで問題を解いてみる練習はなかなか自分ではやりづらいものだと思います。
そういう意味でも、ある程度人数がいる中で、本番と同じ制限時間で100問解いてみるのは、本番の予行演習に最適です。

私も時々TOEICを受けますが、TOEICも受験2回目は自然と得点が上がるといいます。それは、実力がアップしたからというよりも、TOEICの受験の形式を1回目の受験で体験することで、2回目の受験で「試験の進め方」を学習するところが大きいそうです。

今回の模試も、受験生の方の今後の勉強方針や試験本番での戦略の参考になれば幸いです。